埼玉総体動画配信支援センターは「彩夏到来 08 埼玉総体」の29競技の情報、会場地情報や競技の動画配信をいたします!

平成20年度全国高等学校総合体育大会 index 競技情報 応援の樹 Kizuna活動 動画配信支援センター
  Kizuna活動INDEX  

kizuna活動 投稿ひろば

皆様からいただいた「インターハイの思い出」をご紹介します。

当Kizuna活動ホームページに寄せられたインターハイの思い出をご紹介いたします。

インターハイの思い出

 
1997年京都総体 
110Mハードル出場  久恒由彦さんの母、久恒 一恵さん
 
 

 もう10年くらい前の話です。息子がインターハイに出場するというので本人以上に大喜びだった私。種目は110メートルハードル。場所は京都。夏の京都は暑いと聞いていたのですが当日はな、なんと雨でした。私の母と娘と私の女三人で張り切って応援しました。たった15秒くらいで勝敗が決まってしまい結果は「あ〜あ、ガッカリ」これがもし高校野球だったら2時間くらい楽しめたのに・・・。

 思えば中学生からハードルを始めてよほど相性が良かったのかそのままずーと大学生までやり続けてしまいました。「夏に冷房のきいた部屋で机に向って勉強するより炎天下でグラウンドを走っているほうがいい」とまで言っていた息子。本人は悔いのない高校生活だったと思います。

 インターハイ出場が決まって練習にも一層熱が入っていたけれど一番の収穫はいい仲間と巡り合えたこと。顧問の先生、陸上部の仲間たちの応援があったからこそ京都まで行くことができたと思っています。お金では決して得ることのできない温かい心と仲間同士の絆。それが一番の財産。高校三年生の夏休みといえば受験勉強真っ最中。それにもかかわらず息子のためにわざわざ京都まで応援に来てくれた友達には頭が下がります。きっと一生の友達になれるでしょう。

 今年のインターハイでいい思い出といい友達を作ってください。応援していますよ。

 
 
思い出の一覧へもどる
 


 

このページのTOPに戻る↑